地域情報ブログ

宮城企業2023.11.13

台湾PSMCが宮城に半導体工場進出-JAMS・Rapidusとの比較と、経済効果・雇用への期待

こんにちは。リージョナルキャリア宮城のコンサルタント、佐藤理貴です。

先日、日本国内での半導体製造に向けて準備を進めてきたJSMC株式会社は、宮城県に新工場を建設することを発表しました。

このJSMC社とは、SBIホールディングスと台湾の半導体受託製造(ファウンドリ)のPowerchip Semiconductor Manufacturing Corporation(PSMC)が、今年7月に共同設立した半導体工場の設立準備会社です。

新工場の総投資額は8,000億円規模と見込まれており、県内各所で大きな話題となっています。

ここ数年、日本国内では熊本に台湾のTSMC(JASM)が、また北海道にRapidusが工場を建設するなど、半導体製造工場の建設が相次いでおり、日本の半導体産業が活性化してきていると感じています。

今回は、先行しているJASMとRapidusが開示している情報と比較しながら、PSMCの新工場がどのような戦略を描いているのか、宮城県にどのような影響があるかを考察してみました。

日本国内に工場建設を計画しているファウンドリとの比較

先に日本での工場建設が決まったファウンドリのJASM(TSMC)、Rapidusの2社との違いを表にしてみました。

JSMC(PSMC) JASM(TSMC) Rapidus
所在地 宮城県 熊本県 北海道
出資元 SBIなど日本勢が過半数 TSMCが大半 日本政府
主要製品 ロジック半導体、メモリー ロジック半導体 ロジック半導体
プロセス技術

28nm 40nm 55nm
※準先端プロセス

12nm/16nm
22nm/28nm
2nm
顧客 電気自動車 車載、イメージセンサー 米国大手IT企業
AI、量子コンピュータ等
投資額 8,000億円 約1.2兆円(86億ドル) 5兆円規模
業界シェア 6位(PSMC) 1位(TSMC)

こうして比較してみると、各社の戦略の違いが分かります。

まずプロセス技術ですが、世界最大のファウンドリTSMCが親会社であるJASMは「12nm~28nm」、日本の大手企業8社が出資するRapidusは「2nm」の半導体を生産するのに対し、PSMCの新工場では「28nm以上」の生産に臨むとしています。

この「28nm以上」の半導体は主に、車載向け半導体需要の90%以上を占めるものですが、PSMCはこの「28nm以上」の半導体を高品位で安価・大量に生産するビジネスモデルを有しています。

JASMも28nmの生産技術を有しますが、ソニーセミコンダクタソリューションズのイメージセンサー用と、デンソーの車載用半導体をメインとし、主に28nm以下の生産を行うようです。

また、Rapidusは、米国大手IT企業向けにAIや量子コンピュータ用として2nmプロセスという世界最高性能の半導体を提供しようとしています。

続いて投資額をみると、Rapidusが5兆円と最も大きく、次いでJASMの1.2兆円、PSMC新工場は8,000億円となっています。

半導体産業は膨大な資金が必要な業界であり、国からのバックアップもありますが、JSMC(PSMC)にはSBIホールディングスが出資していることもあり、より安定的な資金調達が望めることが大きな特徴です。

PSMC誘致成功の理由

PSMCが日本国内に工場を建設するにあたり、候補地として挙がったのは31か所。その中から宮城県が選ばれた理由は、東北各地に半導体関連のサプライチェーンが多数存在していること、インフラの充実度、さらに半導体分野に強い東北大学の存在が大きかったそうです。

また、村井嘉浩宮城県知事が今年7月、PSMCが日本国内に半導体工場を設立するというニュースを受けて自らSBIホールディングスに接触。同社を通じてPCMCの黄崇仁会長にトップセールスを展開したことも功を奏しました。

PSMCが宮城県に与える経済効果と雇用への期待

JASMによる熊本への投資による経済波及効果は、2022年から2031年までの10年間で約4兆2,900億円と試算されています(九州フィナンシャルグループによる)。

同じく、PSMCの工場進出による宮城県への投資による経済波及効果も非常に大きいと思われます。

また雇用の創出といった効果もあり、PSMCは現時点で1,200人雇用すると明らかにしています。宮城県の経済活性化に好影響をもたらすことが予想されます。

まとめ

PSMCの工場建設のニュース発表からまだ日が浅く、情報は少ないですが、既に計画が進んでいるJASM、Rapidusの動向を見ていると、PSMCの今後の展開がある程度予想できます。

宮城県、東北には既に半導体関連の企業が多数存在していますが、PSMCの新工場建設により、それらの企業がより活性化していくことになりそうです。

今後も引き続き、PSMC(JSMC)や半導体関連の情報を追い続けていき、レポートしていきたいと思います。

<情報参照元(最終閲覧日2023年11月13日)>

・SBIホールディングス/2023年10月31日「日本国内での半導体ファウンドリ建設予定地決定のお知らせ

・SBIホールディングス/2023年7月5日「台湾半導体ファウンドリ大手PSMCとの日本国内での半導体工場設立に向けた準備会社の設立に関する基本合意のお知らせ

・日本経済新聞/2023年10月31日「台湾の力晶が半導体工場、宮城・大衡村に選ばれた東北

・経済産業省 HP「特定半導体基金事業について

・JASM社HP「JASMについて

・Rapidus社HP「企業理念と経営方針

・経済産業省HP「半導体・デジタル産業戦略


▼宮城専任のコンサルタントへのキャリア相談はこちら

個別キャリア相談会 開催一覧

▼宮城の公開求人はこちら

宮城求人 一覧

この記事を書いた人

コンサルタント 
佐藤 理貴

バックナンバー

熊本レジャー

2024.04.25

安藤忠雄氏が手掛けるこども図書館『こども本の森 熊本』が開館しました!

こんにちは。リージョナルキャリア熊本のコンサルタント、田尻です。 2024年4月8日熊本市に、日本を代表する建築家、安藤忠雄氏が手掛けるこども図書館『こども本の森 熊本』が開館しました! 大阪市(2020年7月)、岩手県遠野市(2021年7月)、神戸市(2022年3月)に次いで全国で4か所目となりま

徳島企業

2024.04.24

四国全域をネットワークする資材の専門商社「株式会社 秦商事」の求人特集

今回は管工機材、建築土木資材、住宅設備機器、工業用ゴム製品を取り扱う専門商社「株式会社 秦商事」をご紹介します。 (画像出典:株式会社秦商事公式HP) 同社は1946年にゴム製ベルトやホースを取り扱う小さな商店として徳島で創業。その後、取引先のニーズにあわせて商品ラインナップを増やすことで、「資材

大分その他

2024.04.24

株式会社ザイナス、国内初のSAPジャパンのメンバーに認定!大分にコンサル拠点開設

こんにちは。リージョナルキャリア大分のコンサルタント、桝永です。 ドイツ本社のソフトウェア世界大手のSAP社の日本法人であるSAPジャパン株式会社は、日本で初めてとなるコンサルティング拠点「Zynas AppHaus Oita」を2024年4月10日に開設しました。 株式会社ザイナスはシステムコンサ

福井その他

2024.04.23

【福井へUIターン転職をお考えの方向け】福井県のエリアごとの家賃・地価相場について

リージョナルキャリア福井の端(はし)です。 2024年3月16日(土)に北陸新幹線が延伸となり、金沢~敦賀間が開業しました。 福井市~東京まで2時間53分、敦賀市~東京も3時間17分と各段に東京が近くなりました。 新幹線開業効果もあってか福井県へのUIターン転職を考えている方からのご相談も増え、福

石川企業

2024.04.23

【企業紹介】北陸から全国区へ、次なるステージに挑む総合情報通信カンパニー「株式会社ほくつう」

リージョナルキャリア石川のコンサルタント、砂坂です。 今回は石川県金沢市に本社を構える「株式会社ほくつう」を紹介します。 (画像出典:株式会社ほくつうホームページ) ほくつうはどんな会社? 情報通信設備の提案、企画、施工、メンテナンスまでトータルに手掛ける株式会社ほくつう。 近年、情報通信技術が急

他の記事を検索する

ページトップへ戻る