産直ブログ

地域情報

広島その他2022.05.20

寄付金18億円突破!サンフレッチェ広島の新本拠地「HIROSHIMA スタジアムパーク」のいま

リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。以前、【広島市中心部の再開発プロジェクト6選】という記事を書いたのですが、これがなかなか多くの方にご覧頂いているようで、関心の高さが見て取れる状況です。

今回は、その中の1つとしてご紹介した、サンフレッチェ広島の新本拠地となるスタジアム『HIROSHIMA スタジアムパーク』の近況についてお届けします。

<目次>
  • どんなスタジアムができる?
  • 広島の郷土愛炸裂!寄付金目標の10億円を突破
  • 1月起工式、2月着工。着々と進む建設工事
  • 目次1

    どんなスタジアムができる?

    |地上7階建て・約3万人収容の複合型スタジアム

    新スタジアムは地上7階建ての複合施設。約3万人を収容し、サッカーをメインに、ラグビーなど他のスポーツや各種イベントなどでの使用も見込まれています。

    フィールドは天然芝。スタンド最前列との距離は約8メートルで、現在のサンフレッチェ広島の本拠地「エディオンスタジアム」の30~40メートルと比べて格段に近くなり、より臨場感を味わえるスタジアムとなります。

    また、周辺の広場や本川とつなぎ、試合が無い日でも通ることができる「パークコンコース」や、スタジアムを周回できる「メインコンコース」も設置されるなど、"回遊型スタジアムパーク"となっていることも特徴です。

    サッカースタジアム.jpg

    (画像出典:サンフレッチェ広島)

    |市民の憩いの場、広場エリア

    スタジアム南側の平和記念公園や東側の広島城など、周辺施設からはペデストリアンデッキで動線を確保。『広場エリア』へとアクセスできるようになります。

    広場エリアでは、広大な天然芝の「芝生広場」、らせん状に構成された「スパイラル広場」、広場を一望できる「だんだんテラス」など、様々なエリアを展開。防災や環境にも配慮した"次世代の都市公園"となる予定です。

    広場エリア.jpg

    (画像出典:サンフレッチェ広島)

    ※参照
    広島市HP/サッカースタジアム等整備事業の基本設計の概要

    目次2

    広島の郷土愛炸裂!寄付金目標の10億円を突破

    スタジアムの総事業費は271億円で、「自治体(広島県・広島市)の負担」「国からの補助」そして「民間からの寄付」でまかなう予定となっています。

    民間からの寄付は、エディオンが30億円、マツダが20億円を寄付する方針を表明。加えて、地元経済4団体が寄付を募ったところ、個人事業主を含む443社から18億円以上が集まったとのこと。当初の目標は10億円とのことなので、それを軽々突破するとは驚きです。

    さらに、個人からの寄付も継続募集中で、4月末時点で3億5000万円以上が集まっています。つまり、合計して70億円以上が民間から調達できるという状況!「広島の郷土愛ここにあり!」とホクホクしてしまいます。

    サッカースタジアム寄付金.JPG

    ※参照
    日本経済新聞/広島のサッカー場、企業寄付18億円に 目標上回る
    広島市HP/サッカースタジアム建設に係る寄附募集

    目次3

    1月起工式、2月着工。着々と進む建設工事

    プロジェクトは大成建設を代表者とするJVによって進められており、今年1月には起工式、そして2月頭には工事が着工となりました。

    近くを通ると、すでに大量の大型重機が確認でき、「いよいよ始まったんだな」と実感できます。現在は建物の土台をつくる基礎工事中で、夏頃には建物が整備され、秋には屋根の鉄骨を組む工事が予定されているとのこと。そして来年(2023年)の夏には観客席やピッチの工事が進む見通しとなっています。

    開業は2024年なのでもうしばらく先ですが、少しずつ形が見えてくると、きっともっとワクワクすることでしょう。また進捗を追いかけていきたいと思います!

    この記事を書いた人

    コンサルタント 
    原田 昌和

    バックナンバー

    広島その他

    2022.07.02

    「決め手は2000本という言葉」秋山翔吾のカープ入団に見る交渉の在り方

    リージョナルキャリア広島のコンサルタント、原田です。最近の広島のトピックスといえばこれ一択でしょう! 秋山翔吾、カープ入団!! 本命・西武、対抗・ホークスと言われる中で、大穴・カープに入団してくれるなんて、、泣かせてくれるじゃありませんか! あらためて、ようこそカープへ!! (画像出典:週刊ベース

    愛知企業

    2022.07.01

    愛知県の優良企業にクローズアップ!刺繍機で世界トップクラスシェアのニッチトップメーカー「株式会社TISM」

    リージョナルキャリア愛知(運営会社:株式会社リンク・アンビション)のスタッフ 大塚です。 今回は、愛知県に本社を置く、工業用刺繍機製造を手掛けるタジマグループの技術の根幹を担う『株式会社TISM』をご紹介したいと思います。 会社の特徴 TISMは、大手スポーツメーカーや、高級車メーカー、世界的

    北海道その他

    2022.07.01

    北海道へのUターン引っ越し体験記with大型犬~当日編~

    リージョナルキャリア北海道を運営するリージョンズ株式会社で「地方企業のデジタル化」をミッションに新規事業に取り組んでいる八木健治です。 今回は、我が家の愛犬(ラブラドール当時9歳)と一緒に東京から北海道へUターン引っ越しについて書きます。前回の「引っ越し準備編」に続き、「引っ越し当日編」です。 当

    熊本企業

    2022.07.01

    TSMCの合弁会社「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing 株式会社(JASM)」の求人まとめ

    こんにちは。リージョナルキャリア熊本の桝永です。 以前からブログでも紹介させていただいている半導体世界最大手の台湾TSMC社の熊本工場建設にともない、JASM社の採用に関して多くの方にお問い合わせを頂いております。 そのため、今回は採用が活発におこなわれているJASM社の求人一覧を簡単にまとめてみま

    岡山企業

    2022.06.30

    岡山県玉野市に蓄電池工場を建設!パワーエックス・伊藤正裕氏、3度目の大きな挑戦

    リージョナルキャリア岡山のコンサルタント、瀬川です。 梅雨は憂鬱だぁ~と言っていたら、あっという間に明けてしまいましたね。毎日、真夏のような暑さです。。。 梅雨の期間は14日間で、統計が残る1951年以降で最短だとか。さすがにこんなにも雨が降らないと農作物や水生生物への影響が心配になってしまいます。

    他の記事を検索する

    ページトップへ戻る