エントリーはこちら

転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

一覧に戻る

九電みらいエナジー株式会社 高林彰さん(仮名) 36歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで71日間

地元九州で手にした、経験を活かせる職場と、家族や友人と共に過ごす日常。

プラント業界の機械エンジニアとして、東京で活躍していた高林彰さん(仮名)。夫婦ともに九州出身で、子供が生まれたことをきっかけに地元に帰りたいという想いが強くなっていったという。Uターン転職を決意し、行動を起こした結果、これまでの経験を活かしながら将来性の大きい再生可能エネルギーに携われる福岡の企業と出会うことができた。「何を大事にして生きていきたいか」を考えた結果、地元で両親や兄弟、友人とともに暮らす日々を実現した高林さんのUターン転職体験談を紹介する。

転職前後の職業

職業

機械エンジニア

事業性評価

業界

プラントエンジニアリング

電力事業

仕事内容

プロセス機器パッケージの設計、製作管理、検査、据付業務、メンテナンス・トラブル対応業務

再生可能エネルギー発電における新規案件の事業性評価

会社の事業縮小をきっかけに、「地元で暮らしたい」という想いを行動に移す。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

風力発電など再生可能エネルギーに関する事業性評価に携わっています。例えば風力発電設備を陸地に建設する場合、どこに設備を建てるのか現地調査を行いますが、基準以上の風が吹いているかだけではなく、建てる場所の地盤調査も必要です。地盤によって基礎の設計や工事が異なるからです。また、地元住民の方々への聞き取り調査、景観・騒音・絶滅危惧種の状況などの調査もあります。陸地ではなく、湾内や沖合に設置する洋上風力発電ですとまた違った調査も必要です。様々な調査と同時にコストを積み上げ、基本的なプランを立てて事業の採算性について検討を行います。この事業は国の法律や制度に則って進めていく必要があるため、行政機関の方とのやりとりも多いです。また、国内外の設備メーカーや工事を請け負っている協力会社、社内の技術部門の方、プロジェクトの大きさによっては弊社単独ではなく複数の企業と共同で進めていくものもあり、多くのパートナー・ステークホルダーと調整をしながら、稼働に向けて進めていかないといけません。そのため、今はいろんな打ち合わせや会議に参加をして全体の流れを学んでいます。覚えることも非常に多いですが、全てを一人でこなすわけではなく、チームで動いていますので、プロジェクトの状況を皆ですり合わせをしながら進めています。

入社前のご経歴を教えてください。

地元の高専で専攻科を卒業後、オーストラリアへ語学留学をしました。アルバイトをしていた学習塾が留学の斡旋をしており、自分も海外へ行って英語の勉強をしたいと思うようになったんです。語学留学をして英語を習得する中で、そのまま英語で機械系の専門性を学びたいと思うようになり、オーストラリアの大学へ進学をしました。現地で新卒者の就職はとても難易度が高いのですが、同じサッカーチームに所属していたイラン人のチームメイトが紹介をしてくれて、EPC事業を行う現地企業に入社することができました。ところが、入社直後にリーマンショックがあり、会社を辞めることになり日本へ帰国。製油所向け大規模プロセス機器の設計、製作、試運転等を日本で手掛ける外資系企業へ転職し、東京で機械エンジニアとして10年勤務しました。

今回の転職のきっかけは?

当時、子供は3歳でしたが、子供が生まれたのを機に地元に帰りたいという気持ちが芽生えていました。私は熊本、妻は福岡が地元なんです。また、仕事の面では、会社が日本での事業・組織を縮小させていて、もともとはプロセス機器パッケージの設計、製作管理、検査、据付業務を一貫して行っていましたが、製品もパッケージとしてではなく、機器単品で顧客に提供するように会社方針が変わりました。携わる業務が限られる中で、「このままずっとこの仕事をやっていくのか?」と考えるようになり、やはり機器単品ではなく、大きな設備を取りまとめる仕事・環境でもう一度仕事をしたいという思いが強くなり転職活動を本格化させました。

転職活動はどのように進めましたか?

当初は企業にエントリーするなどのアクションはしておらず、インターネットでどのような企業・求人があるのか情報収集をしていました。その後、仕事のタイミングや自身の年齢のことも考え、もう少し積極的に動こうと考え、転職サイトに情報を登録してマッチする求人を待つことにしました。転職サイトからは色々な求人を紹介してもらいましたが、転職したい、と思えるような求人がありませんでした。そんな中、リージョナルキャリアが取り扱っている九電みらいエナジー社の求人を目にし、強く興味を持ちました。タイミング良く、東京でUターン転職相談会がありましたので、そちらに参加してコンサルタントの方とお会いしました。

今の会社に決めた理由(ポイント)は?

広くプラント業界、そのような事業に携われる会社で働きたいと思っていました。これまでの経験や知識が活かせるということもありますし、スケールが大きいだけに、自分が携わったものが出来上がったときの喜び、達成感が大きいんです。また、もともと再生可能エネルギーやそれに関係する業界にも興味を持っていました。これから伸びていく業界だと思っていましたし、成長していく業界で働きたいと思っていました。そのような業界であれば、新しいことにチャレンジできる環境があるでしょうし、刺激もあり面白そうだと思いました。もちろん、前提として福岡で腰を据えて働けるという点はあります。

自分の人生で最も大切にしたいことは「家族や両親との時間」。

転職してから今までを振り返っていかがですか?

とにかく1日の時間が過ぎるのが早いです(笑)。今はまだ期限内に何かを仕上げないといけないなどはないのですが、最初に申し上げた通り、覚えないといけないことは非常に多いので、今は事業を行う上で必要なことを学んでいる最中です。色々勉強していると「もうこんな時間か・・・」という日々ですね。

転職によるプライベートの変化はありましたか?

地元に帰る機会は増えましたし、両親や兄弟が遊びに来てくれることもよくあります。親戚家族にも年が近い子供がいますので、公園に行って一緒に楽しそうに遊んでいますね。前職は長期間の出張で土日も家にいないことがありましたが、現職では今のところそのようなことはないので、週末も家族で過ごしています。まだ車を持っていないのですが、近々購入してドライブしたり旅行に行ったりしたいですね。また、高専を卒業して地元に残っている友人もいますので、近々飲みに行こうという話をしているところです。体を鍛え直さないとケガをしてしまいますが、今後は友人とサッカーやフットサルができたらいいなとも思っています。

今、大変だと思うこと、今後の課題だと思うことはありますか?

課題は本当にたくさんあるのですが、まずはやはり、学ぶこと覚えることが多いので、日々勉強です。前職ではエンジニアとして詳細設計をやっていたこともあり、技術的なことや細かいことを気にして考えてしまうクセがついているのですが、現職ではもう少し広く、全体を考えながらプランを立てていかないといけません。ついつい細かいところに注目して掘り下げてしまうのですが、限られた時間の中で細部を深掘りし過ぎると、その他のことに対応ができなくなってしまうので、技術的なことなど社内の専門家に任せて、全体の調整などに集中する必要があると感じています。

今の会社に転職して良かったと思うことは?

わからないことがたくさんある中で、社内の人がみんな親切で丁寧に教えてくれる点ですね。本当に質問ばかりしているのですが(苦笑)、皆さん、嫌な顔ひとつせず教えてくれます。それと、これも先程申しましたが、チームで働いているという面が非常に強いです。前職では、「あなたの担当はこれ。あとはやっておいて」、といった感じが多かったのですが、今は毎日チームでコミュニケーションをとりながら皆で協調しながらプロジェクトを進めています。私はずっとそういう雰囲気で仕事がしたいなと思っていました。質問をしまくっているからというのもありますが(笑)、社内の人と話す機会も多いですし、仕事以外のことでもざっくばらんに話せたりと、そういう雰囲気がとても良いなと思います。

これから転職を考えている方にアドバイスをお願いします。

自分の人生というか、何を大事にして生きていきたいかを考えて、自分の価値観にあった転職をしてもらうといいと思います。私にとっては家族や両親との時間を大事にしたいと思ったので、Uターンすることを決めました。地元を長い間離れていましたので、これから両親との会話であったり、一緒に過ごす時間をより多く作っていきたいなと思っています。

担当コンサルタントから

株式会社ライフサイズ
瀬川 泰明

高林さんとは東京で実施したUターン転職相談会でお会いしました。物腰が柔らかく、飾らず丁寧に自分の言葉で話される方で、お会いしてすぐに親しみやすいお人柄が伝わってきました。オーストラリアで同じサッカーチームのイラン人の方に職場を紹介してもらって就職が決まったという話を伺い、国が違っても愛される人柄・キャラクターは共通なんだと感じました。現職でも、「皆さん、嫌な顔ひとつせず教えてくれます」とおっしゃっていましたが、「親切で優しい人が多い職場で良かったですね」と思うと同時に、高林さんの人柄によるところも大きいと感じています。学ぶこと、覚えることが多く、ご苦労もあるようですが、勉強熱心な高林さんは、ひとつひとつ着実に課題を解決されて、活躍されると確信しています。

一覧に戻る

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

求人情報や検索はこちら

お知らせはこちら