転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

地方だからこそ増える、仕事のチャンスと、自分の時間。

高坂さんは、Iターンで香川への転職をはたしたリージョナルヒーローだ。出身は兵庫。香川に暮らしたことはなく、具体的な勤務地をイメージしていたわけでもなかった。彼の希望は2つだけ。これまでキャリアを積んできた「法務の仕事を続けること」と、「地方で働くこと」だった。「最初は都会で仕事を探したんですが、うまくいかなかったんです。そこで考え方を変えました。人が少ない地方のほうが、チャンスが多いんじゃないかと」。この方針変更が大当たり。初めて暮らす土地には、都会にも負けない充実した日々が待っていた。(※本記事の内容は、2014年5月取材時点の情報に基づき構成しています)

- プロフィール四国化成工業株式会社 高坂優さん(仮名) 31歳/大学院卒
- 転職活動【転職回数】0回【転職期間】エントリーから内定まで67日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 法務 職業 法務
業界 食品 業界 化学
仕事内容 上場企業の法務全般を担当 仕事内容 上場企業の法務業務(現在は会社のことを理解するために経理業務に従事)

1自分の成長のために、あえて地方をめざす。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

タイヤの原料、プリント配線板の防錆剤等の化学品と、壁材やカーポート等の建材を作っている化学メーカーで働いています。法務として入社しましたが、会社のことを勉強するために、まずは経理業務から始めているところです。経理部のメンバーは11名。そのなかで僕は、毎月の決算業務、四半期の報告書や有価証券報告書の作成、子会社の経理全般などを担当しています。

入社前のご経歴を教えてください。

飼料メーカーの総務部で、主に法務関係を担当していました。具体的には、各種報告書の作成や、契約書の作成、債権の回収などです。

転職のきっかけは?

前の会社で扱っていたのは、飼料。ニワトリや豚などのエサでした。しかし2年半ほど勤めた頃からでしょうか、仕事というか、扱う商品がだんだんと物足りなくなってきたんです。もうちょっと複雑な商品のほうが面白そうだなと。飼料は、原料を混ぜるだけ。法務を続けていくにしても、もっと複雑な商品のほうが、自分のプラスになるのではないか?と考えるようになったんです。それで、仕事をしながら徐々に転職情報を探し始めました。

転職活動はどのように進めましたか?

方法としては、ネットですね。最初は大手に1社か2社登録して、そこから登録先を増やしていきました。というのも、なかなかうまくいかなかったんです。その時の年齢が31歳。大学院から就職した経緯もあって、業務経験年数も短い。おまけにその頃は景気もよくありませんでした。また、もともと「法務」という職種の募集が少ないということもありましたしね。それで、仕事を探し始めて半年後にやっと、リージョナルキャリア香川のコンサルタントから「面接を受けてみませんか?」というお話をいただいたんです。それまでは応募しても面接まで至っていなかったので、そのときが初めての面接となりました。

今の会社に決めたポイントは?

募集職種が「法務」でしたし、化学メーカーということで、取扱商品も面白そう。断る理由はありませんでした。というのも、勤務地にはこだわりがなかったんです。出身は兵庫ですが、地方ならどこでもいいと思っていました。最初は都会で探していたんですが、うまくいかなかったので、考え方を変えたんです。人が集まる都会より、地方のほうがチャンスが多いんじゃないかと。で、たまたま紹介されたのが、香川の会社。ただ、香川には母方の実家がありますし、前の会社の支社もあったので、親近感はありましたね。

218時には帰宅。それから同僚たちとゴルフへ。

転職していかがでしたか?

やりがいはものすごくありますね。会社の規模がそんなに大きくないので、自分でできる範囲が広いんです。化学メーカーなので商品も複雑。種類や個数がものすごく増えました。どこでどういうふうに使われているのか、わからない商品がいっぱいあって(笑)、経理をしていても、イメージするのに苦労しています。でもその苦労は、望むところ。会社のパンフレットやネットで調べたりしながら、商品を勉強していますが、それが楽しいんです。

生活面での変化はいかがですか?

実は、こっちに来てから結婚しました。転職が決まった後に、「一緒に香川に来てほしい」とプロポーズしたんです。彼女は大阪から出たことがなかったので、最初はやっぱり抵抗があったみたいです。ただ、何回か香川に来てもらって、イメージが変わったみたいです。もっと田舎かと思っていたようですが、高松はけっこう都会ですし、大阪からも近いですしね。今はまだ単身で生活していますが、もうすぐこっちで一緒に暮らす予定です。それから、転職してから自分の時間が増えました。勤務時間は、17時15分まで。しかも定時で帰れることのほうが多いんです。今住んでいる社員寮まで自転車で15分ですから、18時前にはもう自分の部屋に帰り着く。最初は「空いた時間をどう使おうか?」と戸惑いましたね(笑)。それから始めたのが、ゴルフ。会社の仲間と打ちっぱなしに行ったり、ナイターのコースをまわったりしています。その他にも、みんなとフットサルをすることもあるし、自分のための勉強をすることもあります。こっちにきて趣味が増えたし、同僚とも仲良くできるので、会社にもスムーズにとけこめました。

困っていることや課題はありますか?

特にありません。むしろ新しい土地のほうが、私は面白いですね。雑誌やネットで調べながら、いろんな店や場所を開拓していけますから。まわりもすごく優しくしてくれます。縁もゆかりもないところへきた自分に、気を使ってくれているのがわかる。そんな温かさも地方の良さだなぁと感じています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

まず、地方だから生活のレベルが落ちる、ということはないと思いますね。物価は安いし、人が大らかなので、都会よりギスギスしていないし。仕事のうえでも、地方のほうがチャンスが多いと思いますよ。都会は人が多いでしょう。でも「地方で働こう」と考えている人は少ない。だから転職のチャンスも多いし、任される仕事の幅も広がります。自分のキャリアアップのためにも、おすすめですよ、地方は。


コンサルタントの紹介へ

担当コンサルタントから

株式会社リージェント 加地 盛泰

法務職としてのステップアップをしたいと考えていた高坂さん。香川県にゆかりはあるものの、育ちは兵庫県の方でした。「困っている人を助けたい」という思いから法律に関する道を目指していたとおり、社内でも他の部署の方が困っている状況に気づくと、自ら積極的にサポートを行うといった指向性をお持ちのタイプ。人の役に立てることに喜びを感じ、そのために、積極的に自分を磨き続けることができる方・・・まさに、四国化成工業様が求めている「独創力」をお持ちの方であると感じ、ご紹介をさせて頂きました。先日、お会いさせて頂いた時の輝いた表情が非常に印象的で、きっとますます活躍されるだろうと、あらためて確信しました。高坂さんのご活躍を心より願っております。

リージョナルHERO一覧に戻る

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す