コンサルタント紹介

池戸 岳

リージョナルスタイル認定コンサルタント

担当エリア:静岡

1988年、静岡県藤枝市生まれ。藤枝東高校、埼玉大学を卒業後、静岡県内の地域メディア運営会社に入社。媒体の広告営業、Webマーケティング担当を経て、リーダーとして新規事業立ち上げや行政・法人向け基幹系システム営業を担当。2019年、株式会社リンク・アンビションに入社。

コンサルティング・転職支援実績

実績概要

・候補者面談数(キャリア通算) 650名以上

実績詳細

年齢 企業/ポジション 入社時年収
29歳 県内大手メディア企業/社内システムエンジニア 600万円
34歳 ソフトウェアメーカー/コンサルタント 800万円
37歳 東証プライム上場電気機器メーカー/生産調達 630万円
37歳 化学メーカー/サプライチェーン担当 730万円
40歳 業界トップITソフトウェアメーカー/社長室付 システムエンジニア 1000万円

※掲載可能なものだけを選んでいます

コンサルタントより

私は大学進学を機に関東に出ていましたが、あるとき帰省した際、静岡の山や海をはじめとする景観、暖かで穏やかな環境、豊富な特産品を客観的にみたことで「ここで暮らしたい」 と思ったことを強く覚えています。大学進学までずっと暮らしていた街の魅力を、外に出たことで初めて実感することができ、就職活動の際も「静岡の魅力をもっと伝えたい」という思いで企業を探しました。

30歳を超えた今、東京で就職した地元の友人たちが、様々な理由で静岡にUターンしています。話を聞いてみると、静岡に戻ってからは、東京でやっていた仕事とまったく異なる業種・職種で働く人が多く、驚きました。東京と静岡でキャリアが分断されている印象を強く受けましたが、私も当時は「Uターンとはそういうものだろう」と漠然と捉えてしまいました。

しかし、いまコンサルタントとして働き、静岡の多くの企業とお会いする中で、それは間違いだったと強く認識しました。静岡には地場にしっかりと根を張りながら、日本や世界に誇る先進技術を持っている企業が多数あります。さらにその事業成長に向けて、熱量の高い人材の採用を考えています。そう、キャリアを活かして地元で思い切り働ける仕事はたくさんあるんです。

これまでのキャリアを活かして静岡で思い切り働くこと。思い切り働きたい人を採用することで企業が事業成長すること。これは広い意味で静岡を元気にすることに繋がります。その志を持ち、魅力的で素晴らしい地場企業と素晴らしい人材のマッチングを実現していきたいと思います。

ライフワーク

音楽が好きで、キャンプイン野外音楽イベントに行くようになってからアウトドアにハマりました。学生時代の友人とキャンプに行ったり、近所の川で焚火をしたりとマイペースに楽しんでいます。山、川、海のどれもアクセスしやすい静岡はアウトドアにぴったりな場所ですね。他には御朱印集めもやっています。おすすめの御朱印は静岡県袋井市の可睡斎のもの。毎年夏開催“風鈴祭り”の限定バージョンが特によいデザインです!

コンサルタント一覧

関連情報

転職成功者インタビュー

ブログ

静岡その他

2021.02.09

移住前に知りたい静岡県のこと(静岡県東部エリア編) <静岡の転職コラム Vol.042>

こんにちは、コンサルタントの池戸です。『移住前に知りたい静岡県のこと』、今回は静岡県東部エリア編です。  【過去記事】導入編静岡県中部エリア編静岡県西部エリア編        静岡県東部エリアの概要   静岡県東部エリアは、主に日本三大急流に数えられる富士川以東を指します。 紙の町として発展し現在は

静岡その他

2020.12.04

移住前に知りたい静岡県のこと(静岡県西部エリア編) <静岡の転職コラム Vol.035>

こんにちは、コンサルタントの池戸です。『移住前に知りたい静岡県のこと』をテーマに続けていますが、今回は静岡県西部エリア編です。  【過去記事】・導入編・静岡県中部エリア編     ❚ 静岡県西部エリアの概要 静岡県西部エリアは遠州とも呼ばれ、政令指定都市である浜松市を中心に磐田市、袋井市、掛川市、湖

静岡その他

2020.10.23

移住前に知りたい静岡県のこと(静岡県中部エリア編) <静岡の転職コラム Vol.029>

こんにちは、コンサルタントの池戸です。前回の記事「移住前に知りたい静岡県のこと(導入編)」を踏まえ、今回からエリア毎の紹介をしていきます。まずは静岡県中部エリアです。    ❚ 静岡県中部エリアの概要 静岡県中部エリアというと、県庁所在地である静岡市(葵区、駿河区、清水区)やその西に位置する焼津市、

ページトップへ戻る