採用が経営を変えた瞬間 代表取締役社長 菊地義典氏

足利の技術が世界を変える。
1/1000ミリの精密加工への挑戦。

菊地歯車株式会社 / 代表取締役社長 菊地義典

Vol.64

菊地歯車株式会社
代表取締役社長 菊地義典

栃木

1969年栃木県足利市生まれ。1993年早稲田大学理工学部を卒業。大手重工メーカーから内定を得るも、大学4年時に交通事故に遭ったことで、祖父が創業した菊地歯車株式会社に入社。2000年専務取締役、2005年代表取締役社長に就任。

足利の伝統産業「機織り屋」からスタートし、歯車製造専門への転換

当社は1940年に栃木県足利市で私の祖父が創業しました。創業当初は足利の伝統産業である機織り工場を営んでいましたが、戦時中の需要拡大を見込んで機織り工場の片隅で始めたのが歯車製造です。その後、終戦間際に軍から鉄の供給を求められ、機織り機械と歯車機械どちらかを手放さなければならなくなりました。迷った末に機織り機械を解体し、軍に提供するために玄関に並べたのですが、それと同時に終戦を迎えることとなりました。当時は機織りが主たる事業でしたから、歯車機械1台だけが残り、戦後の食い扶持を稼ぐために歯車製造専門とならざるを得なかったのです。

そのような状況でしたから、いただける仕事に対してはNoと言わずに、地道に歯車製造を行っていました。そうしていただいた仕事の中には加工が難しい歯車もあるわけです。顧客の要求に対してどうやって応えていくか、それをやり続けてきたことで少しずつ技術力が蓄えられ、その結果として、自動車や航空宇宙分野向けの歯車の試作という高度な技術力が求められる事業へと繋がったのだと思っています。現在では5500種類に及ぶ歯車を取扱い、なかでも主要取引先である自動車メーカーや重工メーカーに納品している歯車には、当社にしかできない技術が詰まっています。

レクサスLSシリーズに求められる1000分の1ミリの精密加工

レクサスの最高級モデルLSシリーズにおけるトルセンユニットの部品に使用されている歯車は当社が100%供給しています。ハイブリッド車となりエンジン音が格段に小さくなったことで、駆動部品である歯車のかみ合わせが少しでも悪ければ、音が目立ってしまいます。そこで求められるのは従来の誤差の半分以下である1000分の1ミリ単位の精密加工技術です。その実現に力を発揮したのが当社の機械加工特級技能士9名を中心とした技術者たちでした。特級技能士は工場長が務まるような熟練した知識や技術が求められる資格なのですが、社員が積極的に知識技術の習得に力を入れたことの結果なのだと思っています。資格取得の報奨金を20万円にしたこともあるのかもしれませんが (笑)。

技術者には品質だけではなく、コスト管理も求める

当社では毎月、班ごとに貸借対照表や損益計算書を提出してもらい会議をしています。簡易的なものではありますが、技術者にとって収支を意識したコスト管理は非常に重要なことです。私は大学4年時に交通事故に遭い足を怪我していたものですから、当社に入社してはじめの配属は総務部でした。そこで伝票を書いた経験もあり、「技術者といえども損得勘定なしではダメだ」と身をもって体験していました。どれだけ良いものを作ることができても、コスト管理なしにはビジネスとして成り立ちません。その感覚を全社員が持っていれば、将来、分社化などにより会社を任せることになっても立派な経営ができます。菊地歯車としても事業展開にさまざまなオプションが加わることになりますから、毎月の会議は経営者養成の場でもあると思っています。

航空宇宙事業を分社化。新たな成長分野を目指す。

2015年にフランスの航空機エンジン製造大手のSAFRAN AIRCRAFT ENGINES社とチタンアルミ製タービンブレードの長期供給契約を締結でき、日本の中小企業としては初めて直接取引を実現させました。2009年にJISQ9100(航空宇宙産業の品質管理規格)を取得して以来、海外のエアショーなどに出展してきたことが実を結んだ瞬間でした。こうして航空宇宙事業が軌道に乗ったのは、社員みんなの頑張りがあってこそです。2016年に当社の航空宇宙事業を分社化させることができましたので、今後、菊地歯車としては、自動車や油圧機器関連などの他、新たな成長分野へ仕事の幅を広げていくつもりです。

歯車はなくならない。もっと難しいことにチャレンジしたい。

昨今はロボットやAI、IoTなどイノベーションが激しい時代になってきましたが、実際にモノを動かす歯車はなくなりません。当社は急成長をする必要はないと思っていますが、安定した成長を維持継続して、社員にしっかり還元できる状態にしていきたいと思っています。そしてチャンスがあれば、会社分割など組織再編も含めて新しいこともしていきたいです。会社設立以来、難しいことに挑戦することが当社のDNAですから、そのためにも難しいことに挑戦したいという気概のある人を採用したいと思っています。これまで経営が厳しいときにも毎年採用は続けてきましたから、その方針はこれからも変わりません。

編集後記

リージョナルキャリア栃木が開設した2012年、菊地歯車株式会社の菊地社長とはじめてお会いしました。今回のインタビューを通して、人も企業も、一つの出来事、一つの出会いで大きく変わるものだと実感するとともに、その一つひとつが現在の同社を創りあげてきたのだと思っています。戦時中に軍から鉄の供給を求められなければ、歯車専業になることはなかったかもしれませんし、菊地社長も大学時代に交通事故に遭っていなければ、すぐに菊地歯車に入社して伝票を書くこともなかったかもしれません。事業を継続していると、さまざまな困難にぶちあたることもありますが、そのような中でも、同社が一貫して持ち続けてきたのは、もっと難しいものにチャレンジしたいという技術者としての思いです。「下町ロケット」を体現するような熱い菊地歯車をこれからも採用という側面から支援させていただきたいと思っています。

文:リージョナルスタイル認定コンサルタント 佐藤 照昭

お問い合わせはこちら

リージョナルスタイルは、Iターン、Uターン転職に特化した人材紹介・ヘッドハンティングサービスを提供しています。
地域密着型で専任コンサルタントが、貴社が求める人材をお探しし、ご紹介いたします。
完全成功報酬型サービスのため、採用が決定するまで一切費用は発生しません。
まずはお気軽にお問い合わせください。

展開拠点
地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルスタイルについて