エントリーはこちら

リージョナルグループ
社長Blog

一覧に戻る

2016-04-06

リージョナル社長エッセイ第17回「社長が見つけたすごいもの」江口編

エンリージョン代表江口です。

リージョナル社長が各地で見つけたスゴイモノを紹介していく新コーナーは初回は新潟からこちら!

株式会社タダフサさんという鍛冶の町「三条」にある包丁屋さんです
http://www.tadafusa.com/

パン切り包丁で一世を風靡しています。パンのカスが非常に少なくスーッと切れていくんです!我が家でも愛用しています。
img58965373.jpg

アフターもしっかりしていて、研ぎ直しもしてくれます。
今、飛ぶ鳥を落とす勢いのある包丁やさんですが、ここで紹介したいのは素晴らしいモノもそうなんですが、
私がぜひ話をしたいのはそこまで至るコトのストーリーがまた素晴らしいんです。


実は以前、あのカンブリア宮殿でも紹介されたことがあるんです。
それは中川政七商店さんの代表中川さんにコンサルを受けた一社として。
詳しくはこちらの本に第三章で扱われています。
199-0030-000_img1 (2).jpg


地方では良いモノづくりはしているけど、ブランディング、打ち出し方や広報が苦手とはよく言われます。


そこで、三条市が肝いりで中川さんを指名し、コンサルを依頼したそうです。
更に素晴らしいのは全般的にブランディングセミナーとかを100社にするのではなく、1社、トコトンやって一番星にするというコンセプト。


その1番星に手を挙げたのがタダフサの曽根社長でした。


実は1番星になる前からも接点がありましたが、全く違う会社のように見違えりました。


もちろん代々続いてきた素晴らしい技術があってこそですが、こんなにも会社は変わるのかと目の前で見せていただきました。


「地方の老舗伝統企業」に「地方行政」×「コンサル」×「若手社長」が素晴らしくかみ合ったすごいことだと思います。


そして最近ではおしゃれなショウルームを併設されて大人気です。
IMG_3855.JPGのサムネイル画像


ちなみに当社からもご紹介させて頂き大活躍しています。(ちょっと宣伝です。)
https://rs-niigata.net/hero/index_14.html


パンきり包丁もさることながら、この素晴らしい「老舗伝統」と「地方行政」と「第一線のコンサルタント」とのコラボレーション。


私は我々エージェントも脇役だと思いますし、行政も脇役、コンサルタントもあくまで脇役だと思います。


スポットライトが当たって輝くのはこういうタダフサさんのような会社の「モノづくり」。


こういう心打つストーリーがあると包丁を握る手もシミジミとしてきます。


素晴らしいものづくりには関わる人々の心がありますね。おススメです!


暮らしたい場所「新潟」「長野」「富山」で思い切り働きませんか?

https://rs-niigata.net/
https://rs-nagano.net/
https://rs-toyama.net/

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

相談会情報はこちら

求人情報や検索はこちら