リージョナルグループ
社長Blog

2016-01-27
リージョナル社長エッセイ第16回「採用とは何か」植田編

おはこんばんちは。
お久しぶりでございます、ライフサイズ(広島・岡山)の植田でございます。
今回のテーマはずばり採用とは何か。私たちの仕事のど真ん中でございます。
え?ございますございます、うるさい?あははは(笑)合点承知!古いか。

さて、私の採用に対するイメージは古巣のリクルートで全て培われました。

創業者の江副さんは、
「企業は人が全てだ。人は採用が全てだ」
というほど、採用に情熱を注がれていたと記憶しています。

有名な話で、皆さんもご存知だと思いますが、リクルートが最もかけた年間採用予算は80億円超。
うろ覚えですが、その時の採用予定人数が1000人だったというので、
いかに採用に力を入れていたかがわかります。一人あたりの採用予算800万円!

驚くのは予算だけではありません。
採用のみを行う専門の部署には100名以上が配属され、採用ハイシーズンになれば、
その部署の人達だけでなく、拠点長、マネジャー、リーダーまでかり出されるのが当たり前です。
採用対象者と会う誰もが熱く仕事、会社、仲間を語り、必死に口説くのです。
私が在籍した頃のリクルートにはその名残が微かではありますが残っていました。
ある日、「植田、今度採用しようと思う生意気な奴がいるから一緒にメシ食いに行ってくれ!」
と、突然となりの事業部のマネジャーに言われ、
「じゃらんのことはよく知らんけど、リクルートはマジでおもろいぜ!」
と、会ったばかりの大学生と明け方まで飲んだこともあります。
これが当たり前なんです。

今思い出しても相当クレイジーだと思いますが、
「毎日家に帰ってメシ食うやつなんてダメだ。週5で飲みに行け!」
と上司にも先輩にも言われ、リクルートを辞めるまでの約10年間、本当にそうしていました。
飲みに行った先々でも、おお!と思う人材に出会うと仲良くなって口説いていました。
おかげで私はリクルートにいた間、1円も貯金をせずに過ごすことが出来ました。感謝です(笑)
はい、余談でした(笑)

さて、なぜ人が全てだと言い切っていた江副さんは、それが採用で決まると言っていたのでしょう。
その根底にはこんなことがあるのではないかと感じています。
人は、企業が採用する頃(22歳前後~)になると、そう簡単に変わることは出来ない。
リクルートのような企業に入って、すくすく伸びていく人材は(色んな意味で)そう多くはない。
リクルートのような企業風土が合う人材は、入社後に放っておいても勝手に育つ。
一方で、合わない人材を採用してしまって、お互いにしなくてもいい苦労を重ね、
そのために人材育成のための予算をかけたところで、もともとが合わないのだから成長しない。
ならば、合う人材を採用するという一点に絞り、その予算の全てを使うことが最も効率的だ、と。
採用予算に育成予算も全てぶっ込む!ということではないかと。

これは、リクルートのような極端な企業風土でなくとも、全ての企業に言えると思います。
私は採用とはそういうものであり、そうでなくてはならないとさえ感じています。

短いですが、わたくし植田にとっての「採用とは何か」でした。

ほな


広島・岡山の仕事を探すなら
リージョナルキャリア広島 https://rs-hiroshima.net/
リージョナルキャリア岡山 https://rs-okayama.net/


PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す