リージョナルグループ
社長Blog

2014-11-19
リージョナル社長エッセイ第9回「誰かに伝えたいこと」三田編

三重県担当のアーリーバード三田(サンダ)です。

「誰かに伝えたいこと」とはまた難しいですね~。
考えていることはいっぱいありますが、伝えたいこととなると...
「伝えるべきこと」と考えると荷が重いですが、「伝えたいこと」と身勝手に考えることにします。


最近痛感しているのが「取捨選択」、中でも捨てることです。
これは、RS社長森の研修でも感じたことです。
11月に入ってにわかに忙しくなり、年末から年度末にかけてこの調子で推移しそうです。
それが人材紹介の実績となって表れていないところが心苦しい限りですが、それはさて置き。


先週末、展示会出展、勉強会講師、セミナー講師などの仕事が重なり、「ちょっと準備不足かな」という懸念がありました。
案の定、最近京セラフィロソフィーの「手の切れるような」製品という言葉を強く意識しているのですが、その一部は決して「手の切れるような」仕事ではありませんでした。
すみません。


そこで意識したのが「捨てる」こと。
限られた時間の中で「手の切れる」ようにするには、「捨てる」ことが必要だなと。
これまでは、声を掛けてもらった感謝もあり、仕事の声が掛かると基本受けていましたが、それも限界かなと。


苦しい時期を助けてくれた仕事もありますので、どれを「捨てる」のかは非常に難しいですが、自分が自分らしい価値を発揮できる仕事、自分が楽しめる仕事を残して、そこから遠いモノから順にお断りしようと決めました。


そう決めて一つひとつの仕事を見直すと、いろいろな気付きがあります。
この仕事は、もっと深堀りできるな
この仕事は、自分以外の誰かがした方が成功確率が高くなるのではないか など


高岡さんも年齢の話を出していましたが、私も来月に46歳になります。
60歳を一つの目安と考えると残すところ14年。
「自分らしさ」を発揮できない仕事に費やしている時間はないなと改めて思った次第です。
つくづく「捨てる」ことは難しいと思いましたので、今回のエッセイでは「捨てる」ことの難しさと、そこからの発見を伝えさせていただきました。


写真は、11月14日(金)~15日(土)の「みえリーディング産業展2014」の当社ブースにて。
この展示会は、県内企業への近況報告と情報発信として来年以降も捨てずに「取る」べきだと感じました。

leading.JPG


株式会社アーリーバード(三重)代表の三田泰久でした。


三重県での充実した仕事と暮らしを見つけるお手伝いをします。
リージョナルキャリア三重 https://rs-mie.net/

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
北海道・東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
注目キーワードで探す
上場企業 トップシェア グローバル 管理職 幹部 マネージャー スペシャリスト 管理部門 M&A 30代 【キーワードを入力】
相談会情報を探す